MFクラウドの仕訳

01MFクラウド仕訳フル活用マニュアル

更新日:

別の記事でも書きましたが、確定申告でも会計でも仕訳がキモです。
MFクラウドには色々な集計資料やレポート機能が用意されていますが、それらは仕訳から作成されます。
仕訳がきちんと入力されていないと、それらの集計資料を十分に活かすことができません。
効率的に、そして効果的に仕訳の登録を行う方法を紹介しようと思います。

MFクラウドでの仕訳方法はたくさんあるので、簡単に紹介しましょう。

メニュー サブメニュー 説明と特徴
自動仕訳 連携サービスから入力 他社サービスとデータ連携して仕訳を登録
(手動仕訳だがメニューの表示場所が自動仕訳) 明細を手動アップロードして入力 他社サービスとデータ連携せず、他社サービスの明細データを取り込んで仕訳を登録
(手動仕訳だがメニューの表示場所が自動仕訳) Excel作成の明細をアップロードして入力 Excelで管理している明細を取り込んで仕訳
請求書から入力 MFクラウド請求書と連携して仕訳を登録
給与から入力 MFクラウド給与と連携して仕訳を登録
手動仕訳 振替伝票入力 ・全ての勘定科目をコンボボックスから選択
・仕訳辞書を利用すると登録が素早くなる
・複数行の仕訳も可能
・減価償却費の月額計上で利用する
・未実現取引を登録しての資金繰りに使える
簡単入力 ・チェックボタンとあらかじめ絞った勘定科目をコンボボックスから選択
・仕訳は1行だけ
・現金取引のみに使うのがおすすめ
仕訳帳入力 ・タブ移動すると一つ前の仕訳が自動反映され慣れると早い
・振替伝票入力同様、仕訳辞書が使える
・登録ボタンを押さなくても仕訳登録
・複数行の仕訳も可能
・ファイル添付ができる。
取引から入力 ・特定の相手と取引内容が決まっている仕訳の登録。(商品仕入れなど)
・各種設定の取引先で設定が必要。
取引管理 債務管理β 請求書払いの債務管理に便利
・掛け取引仕訳(仕入 100/買掛金 100)の登録
・決裁仕訳(買掛金 100/普通預金 100)の登録
・振込データ(FBデータ)の作成も可能
決算・申告 固定資産台帳 ・減価償却費の仕訳を登録
・開業費などの繰延資産にも使える
家事按分 ・個人業務で一つの支出が家事と業務の両方にかかる費用の仕訳を登録
その他業務 経費精算 MFクラウド経費と連携して仕訳を登録

多いですよねー。
正直混乱します。

でもこんなに方法が用意されているということは、要望があったからだと思うんですよね。
様々な人からの要望に応えていくと機能は増えます。
しかし、望んでいない人にとっては、やらなくちゃいけないことが増えたと思ってしまうのではないでしょうか。
またこの場合の望んでいない人というのは、そのやり方に気づかなかった人というのも含みます。
望んでいなかったけど利用したら便利になる人もいるわけです。

どの方法で仕訳を行うのがいいのか、会社の状況によって異なるので一概に言えません。
それぞれの利用方法を紹介し、その中で自分にとってベストな方法を見つけてもらえればと思います。

クラウド確定申告はfreeeがおすすめ!

◎経理の知識がなくても大丈夫!
◎スマホだけで作業が可能!
◎請求書・見積書・領収書など書類作成機能有り!
◎領収書をカメラで撮って自動で仕訳!

-MFクラウドの仕訳

Copyright© クラウド確定申告・AI会計マニュアル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.